<   2014年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

それから9/30は。

ツタンカーメンズのライブです。

21:00より。
Fee 500yen

ジャンベとスリットドラムによる楽器三人衆。
その場において自分達の放たれる内なるエネルギーから繰り出す即興音楽。
未知の音楽。

https://www.facebook.com/events/745526052171837/
[PR]
by ritorno_2013 | 2014-08-19 16:34 | Comments(0)

ナオリュウ三島をあちこち回ってきまして〜

RITORNOでは21:00-21:30が流し風ライブです。

ぜひお越しくださいな。

生音最高ーー!

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=827412993945301&substory_index=0&id=100000298258000
[PR]
by ritorno_2013 | 2014-08-19 16:08 | Comments(0)

【オトサタ。】始動します。


本日19:00ころから
高瀬くんの鍵盤とBass&more..
f0301305_1450414.jpg




無料演奏
無料鑑賞

生音を楽しむ時間。



興味のある方
ぜひお待ちしています(^^)☆



RITORNO
4110037
三島市泉町14-16 1F
0559817557
ritorno2013@gmail.com
[PR]
by ritorno_2013 | 2014-08-09 14:44 | Comments(0)

f0301305_4342100.jpg


オトサタ。

音沙汰。便り。連絡。訪れる。

オトサタ。

音の土曜日。
音のサタデー。

オトサタ。


そんな意味の
そんな名前の
企画。



元々土曜日はライブやイベントが多いのですが

そうじゃない土曜日にも音の時間を設けることに。



演奏者が訪れ
気兼ねなく音出し
気兼ねなく聴く。


音出し自由の日。

生音の時間。

音好きが集まる日。


どの土曜日の
どの時間に
誰による
どの楽器で
どのジャンルの音かは
こちらでお知らせします。



が、急に始まることもあるかも??

意外なセッションになることもあるかも??



どこまでも可能性が広がる企画。

乞うご期待(^^)




✳︎演奏者が訪れない土曜日もあります。
ご了承くださいませ。

✳︎演奏者随時募集中。



オトサタ。
に関してのお問い合わせは
ritorno2013@gmail.com
tel:0559817557まで。
[PR]
by ritorno_2013 | 2014-08-09 03:31 | Comments(0)

バールとは
カフェでもなく
レストランでもない
気軽にいつでも利用できる
イタリアンスタイルの飲食店です。


イタリアにはバールが至る所にあり
地域の人々の寄り合い所になっています。


お昼や夜まで、コーヒー1杯や、ランチ、午後のケーキと共にカフェタイム、軽食、そして夜はおつまみと共にワインやビールで軽く1杯、お腹が空いていれば食事もとれます。


ウイスキーやカクテルなどもあり
バーとしても利用できます。


もちろん
お昼にアルコール
夜にコーヒー1杯でもOK!


バールのコンセプトは
「いつでも、誰でも、気軽に」
です。


そして
バールの最大の特徴は
「バンコ」
と呼ばれる立ち飲みのカウンターがあることです。


時間のない方や
ご休憩に
ちょっと1杯という方に
おすすめです。


バンコの立ち飲みは
お飲み物100円引き。
お気軽にご利用いただけます。


もちろん
テーブル席やソファ席では
ゆったりお過ごしいただけます。


家のようにくつろいでいただけると
店主喜びます(^^)


また
私たちがほっとひといきつけるバールとして
和食のお惣菜やお味噌汁などのご用意もあります。


それから
テイクアウトもお飲み物100円引き。


当店自慢のillyエスプレッソ、カプチーノやアルコール、食事などなど、イタリアの文化ともいえる使い勝手の良いバールスタイルを、ここ、三島広小路でも、ぜひお楽しみください。


富士山、源平川、三島大社、佐野美術館、楽寿園、せせらぎ、蛍、三島夏祭り、鰻、湧き水…ご旅行や観光で三島にいらした方もぜひご休憩にどうぞ(^^)


せっかくの旅でしたら、ゆっくりお昼からお酒でも♪♪


f0301305_14465594.jpg

f0301305_14465568.jpg

f0301305_14465695.jpg

f0301305_14465734.jpg

f0301305_14465747.jpg

f0301305_14465842.jpg

f0301305_14465981.jpg

f0301305_14465968.jpg

f0301305_1447034.jpg

f0301305_1447173.jpg

[PR]
by ritorno_2013 | 2014-08-08 14:06 | Comments(0)

お見逃しなく。



10/4 Sat.
19:00 Door
20:00 Start
(18:00-19:00 Close)

場所
RITORNO

2500yen + order (当日 3000yen + order)


【チケット確保方法】
2.メールか電話・もしくはこちらのコメントからご連絡ください(ritorno@gmail.com tel:0559817557)。
3.確認が取れましたら確定とさせていただきます。


※ご予約優先。
※当イベントに関する変更などの情報はFBページもしくはこちらのblogにてお知らせいたしますので、ちょこちょこチェックしてください。
※お1人さま1drinkはご注文お願いしまーーす。




Kai Petite × 倉井夏樹 × 高田陽平 Special Session in 三島


高田陽平 1977産まれ 韮山育ち A型 (Percussion)
父 叔父の影響で幼少から弦楽器触れる
大学時代にdrumを初め 友人と組んだバンドでCDデビュー
オーバーダビングの作業で打楽器に触れる
2000年 とある楽器店でスティールパンを初めて触り 美しい音に魅了され無知識のままトリニダード・トバコから輸入
なぜかダブルテナーを選び いわゆるスティールパンオーケストラ的な音楽を演奏する機会も無く 現在も続く様々なバンド、シーンで演奏している

1997年「shop lifting」を結成 バンダイミュージック スイートハニーレコードよりCDデビュー
1999年「mong hang」に加入 3度のアメリカツアーやイラクバビロンフェスティバルに出演、3枚のアルバムをリリース
2004年「tuffsession」に加入summer sonic、sunset live、朝霧JAMなどに出演、3枚のアルバムをリリース
2005年「Orquesta Nudge! Nudge!」に加入 2枚のアルバムをリリース、2010年fujirock festivalに出演
2006年「ホテル ニュー トーキョー」に加入 2013年3rdアルバムをリリース、2014年fujirock festivalに出演
2007年 ナッジナッジのtaichi主催の「stim」に加入 2012年2ndアルバムをリリース
2010年 mong hangの同メンバー3人を含む「WUJA BIN BIN」が結成され 先日 2ndアルバムをリリース、2014年fujirock festivalに出演

曽我部 恵一、Rickie-G、カヒミ・カリィ、エルマロ、サンディー、リップスライム、toe、宮良 忍、毛皮のマリーズ、倉井 夏樹、ランタンパレード、アンジェラアキ、黒猫チェルシーなどのレコーディングやライブサポート、CM音楽制作に携わる。
タップダンサー「熊谷和徳」の東京国際フォーラム ソロ公演ではホテルニュートーキョーの今谷氏と共に舞台音楽を担当、彼の主催するTAPPERS RIOT Vo,IIでは 青山円形劇場で6日間公演するなど、様々なシーンで活動をしている。

倉井夏樹 (harmonica)
新潟県出身。1988年5月30日生まれ。
19歳の頃から横浜へ移り住み、ジャンルにとらわれない国境を越えた旅を続けながら年に200本近いライブ、セッションライフを送る。今までに3枚のソロアルバムをリリース。2013年にはオーストラリアのシンガーソングライターStu Larsenとヨーロッパ8カ国を周るツアー。そして2014年からは自分自身を広げていきたいと様々な活動を行っている。
時にはチェロ、時にはオルガンにさえ聴こえるハーモニカの音色、エフェクティブに繊細に音を響かせる自由型ハーモニカプレイヤー。

Kai Petite (guitar)
1981年3月1日 神奈川県鎌倉市生まれ
父と兄の影響で14歳からギターを始め、17歳より都内の BAR などで演奏を始める。
2001年 ボストンのバークリー音楽院に入学。
2002年 Gibson Jazz Guitar Contest バンド部門で優勝。
2004年 Professional Music 科を卒業。
2009年 1stアルバム「Harbor Lights」でメジャーデビュー。
2010年 2nd アルバム「Feelin' This Way」をリリース。
2011年 3rd アルバム「A Night Flight」をリリース。

f0301305_1328170.jpg

f0301305_1328127.jpg

f0301305_1328234.jpg

[PR]
by ritorno_2013 | 2014-08-06 14:25 | ライブ。 | Comments(0)

おうちで集まってたこ焼きパーティーをしている感覚。

ゆる〜く楽しい時間をご提案。


とにかく

お友達募集中の人集まれ〜!
みんなでワイワイ楽しもう〜!

の会です。



出会いがあるかも??

飲み仲間ができるかも??

顔見知りができてお店の幅も広がるかも??

もしかして素敵な出会いがあるかも???????

ついでに、たこ焼きが美味しい!



男女問わず肩の力を抜いてご参加できる、ゆるーーいゆるーい異業種交流会、ざっくり言うと宴会です。



どなたでもご参加できます。


お友達をお誘いの上
ぜひご参加くださーーーい!!

年齢は問いません。



9/5(金)
①19:00-21:00
②21:00-23:00

サラダや揚げ物などアラカルトつき色々たこ焼き食べ放題&飲み放題!!

(生地もソースも手作り。バジルテイストやピザ風、明太子、ホットケーキミックスを使ったベビーカステラ風などなど色々なバリエーションをご用意します☆)


女性2,500円
男性4,000円

2時間以降もそのままのご滞在OK。
たこ焼きは食べ放題。
お飲み物は単品でご注文いただきます。



24名で締め切らせていただきますので、お早めのご予約をオススメします。


ご予約は
こちらイベントページで参加表明していただくかこちらまで。
どちらの時間帯かとご参加人数を記載ください。
ritorno2013@gmail.com
0559817557

奮ってご参加ください(≧∇≦)

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

楽しい会になりますように☆


今後、2ヶ月に1回、月はじめの金曜日をたこぱ開催日にします。
みなさまぜひご計画くださいませ(^^)

f0301305_13204629.jpg

[PR]
by ritorno_2013 | 2014-08-06 14:18 | Comments(0)

8/15,16,17です。

17は定休日の日曜日なのでお休みしますが、15,16は通常の11:00よりオープンします。

店内解放します。
持ち込みOK。
ご休憩やWCも。

お飲み物や食べ物のご用意もありますので、ぜひお立ち寄りください。


16日の頼朝旗揚げ行列はRITORNOのお店の前を通ります。

今年は永井大さん。

いいポジションで観たい方はぜひ。


また、店頭では、ダイヤモンドタトゥーと耳つぼジュエリーのブースが設置予定。

せっかくのお祭りなので、もっとかわいくもっとおしゃれに(^^)

お待ちしてまーーす(^^)



http://www.mishima-kankou.com/entertain/maturi.html
[PR]
by ritorno_2013 | 2014-08-06 13:35 | Comments(0)

ハイカジ&サク飲み。

【ハイカジ】
ハイクオリティカジュアル。
「上質なのに低価格」「高級食材のディスカウント」
都内でトレンドとなっている。


【サク飲み】
「サクっと軽く一杯」


↓All Aboutより抜粋。

〈居酒屋業界に追い討ちか サク飲みブームの裏側〉

「サク飲み」ブーム到来
「サクっと軽く一杯」飲むことができる「サク飲み」ブームが到来してきている。

牛丼チェーンの吉野家は、居酒屋「吉呑み(よしのみ)」の運営を本格化させている。吉野家の施設を利用し、ビールだけでなく枝豆、卵焼き、フライドポテトなどは160円、刺身は310円と低価格のつまみをそろえている。

ファミレスも「サク飲み」に力を入れている。サイゼリヤが100円台のグラスワインを提供する他、ジョナサンなどもつまみとともにアルコールにも力を入れている。

外食産業の現状
一般社団法人日本フードサービス協会によれば、2013年の外食産業のうちファミレスの売上高(前年比)は103.3%、パブ/居酒屋の売上高(前年比)は96.5%となっている。ファミレスは好調だが、パブ/居酒屋は不調ということがデータから明らかだ。2014年に入ってもこの状況は変わらず、ファミレスは相変わらず売上高(前年比)で100%を超えている一方、パブ/居酒屋は100%割れが続いている。内容をみると、ファミレスでは店舗数、客数、客単価のすべてが上昇する一方、パブ/居酒屋はそのいずれもが下降し続けている。

ファミレス好調の3つの理由
ファミレス好調には主に3つの理由がある。

1つ目は、マクドナルドを始めとするファストフード業界からファミリー層の流入が増加したこと。
2つ目は、低価格メニューだけでなく、”プチ贅沢”が感じられるような好価格帯メニューを用意したこと。
3つ目は、料理そのものが美味しくなったこと。

これらの理由によって、客数も客単価も上昇し、ファミレスは好調を続けている。

居酒屋不調の4つの理由
居酒屋不調にも理由がある。

1つ目は、会社で飲みに行く機会が少なくなったこと。
2つ目は、友人・知人で飲みに行く場所が居酒屋から変わったこと。
3つ目は、家庭のある30代以上のお小遣い事情が厳しいこと。
4つ目は、日本人が忙しくなったこと。

会社で飲みに行く機会が少なくなった。お父さんのお小遣い事情は厳しく、かつてのように上司の飲みの誘いは絶対的なものでもなくなった。若者は会社飲みよりもプライベートの時間を大切するようになった。特に居酒屋での飲みには時間がかかるので、プライベートの時間を大切にしたい若者だけでなく、家事も分担するようになったお父さん達にとっても歓迎されないものとなった。また2つ目に関して補足すると、料理に特徴がなく騒がしい居酒屋よりも、料理が美味しく、ゆっくりと話が出来るような店が、20代の若者を中心に好まれるようになってきた。これが居酒屋不調の理由だ。

「サク飲み」ブームの到来
居酒屋飲みはダラダラと時間が過ぎてしまうことが多い。昔は同じ職場の人間と、疲れてクタクタになった心身を慰労するということで飲む機会が多かった。時には無礼講、時には仕事の話で激論になった。しかし、そんな飲み方が好まれないからこそ、若者は会社での飲み、上司との飲みを避けるようになった。また不況が続いたことで、家計もお小遣いも苦しくなったお父さんたちも、飲みに行ける機会が少なくなった。時間もお金もかかり、若者にとっては楽しくもない居酒屋の不調が続くのは当たり前であり、時間を気にすることなく、お金もかけずに、一緒に行った人とゆっくり話しが出来る「サク飲み」がブームになるのは自然な成り行きなのだ。

なぜ、吉野家やファミレスでの「サク飲み」なのか?
吉野家での「サク飲み」が流行るのは、低価格であること、飲みの時間が短くてすむことが大きい。マーケティング的には、クーポンなどを使って昼のお客さんを夜に呼び込み、夜のお客さんを昼に呼び込む「昼と夜」の回流を仕掛けることも可能だ。施設も吉野家を使うので、企業としての投資負担も少ない。

ファミレスで「サク飲み」が流行るのは、低価格とともに大きな理由がある。それは若者を中心にアルコールを飲む人が減っていることだ。特にビールは顕著だ。居酒屋に行くということは、「とりあえずビール」という”昭和のお決まり文句”にあらわれるように、有無を言わずアルコールを飲まなければならないという無言のプレッシャーがある。今の若者たちは一杯目からソフトドリンクの人もいれば、サワーやワインの人もいる。彼らは仲間で集まり、それぞれのペースで楽しく話すことは好きなのだが、居酒屋はその対局に位置するような存在だ。ファミレスは適度ににぎやかで、安くて、アルコールも強要されず、話もできる。サクっと飲んで帰ることもできるし、長く話もできる。ファミレスで「サク飲み」が流行るのも自然なことなのだ。

時機をみた企業戦略
吉野家は「サク飲み」需要を敏感に感じ取り、既存の資産を最大限に活用し投資を最小限にして新業態を展開し始めた。それは経営戦略としては至極正しい。ファミレスも同じだ。ファミレスも業態ができてからずっと順調だったわけではない。しかし不調な時代がありそこで学んだからこそ、今はファミリー層であったり、サク飲み層という需要をがっちりと掴んで好調業種となった。これも経営戦略として適切な戦略に基づいたものだ。現状を正しく把握し、適切な戦略を遂行しようとする吉野家、ファミレスの今が「サク飲み」ブームの裏にも見えてくるのだ。



✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

ほーんと、時代も変わりましたね。


昭和人からすると

合理的ではっとするような
どこか残念なような…


でも、たくさんのお店の中から
自分に都合のよいお店を見つけ出し
上手に使うことには大賛成です。




奇遇ですが…


RITORNOでは

サク飲みも
立ち飲みも
昼飲みも
寄り道も
ソファでくつろぎ飲みも
していただけるんでした。

全部大歓迎!!


テイクアウト&スタンディングはドリンク100円引きなんでした!!


19:00までのアルコールご注文はチャージなし(カッフェやノンアルコール・お食事のみのご注文は、営業中ずっとノーチャージです)。



せっかくなので
イタリアのバールという文化を精一杯満喫して使い勝手のよい場所にしていただけたら…(^^)


ハイカジも目指していきます。
[PR]
by ritorno_2013 | 2014-08-02 17:01 | Comments(0)

一応女子だからか?
暑いからか?
コーヒー好きだからか?

気軽に
野菜をたっぷり摂れる
サンドイッチ♡&パン♡
の幸せ感に浸り中〜

それで
せっせと強化中。


f0301305_16521277.jpg

イタリアのサンドイッチの定番、パニーニ(パニーノ)。
・野菜と挽き肉のトマト煮×チーズ
・野菜と挽き肉のトマト煮×キャベツ
各¥510


f0301305_16521737.jpg

新作パニーニは、BLTサンドをRITORNO風にアレンジしたCLETサンド。
Chicken×Lettuce×Egg×Tomamo。
自家製ハーブチキンハムを使ったさっぱりバージョン。 ¥510


f0301305_16521532.jpg

イタリア北部ロマーニャ地方特産のピアディーナ。
ピッツァよりも手軽でパニーノよりも栄養価が高く食べやすいと改めて人気が高まっています。
・生ハム×グリーンサラダ×トマト×バジル¥720
・ただいま定番のトマト×生ハム×チーズのピアディーナを検討中〜


f0301305_16521342.jpg

RITORNOハンバーガー。¥720


f0301305_16521419.jpg

たまにお目見え〜BLTサンド。


f0301305_16521844.jpg

オープン当初から女性に人気のメキシカンタコス。¥720


ついでにお手軽NO1で不動の人気のスナックピアもご紹介。
f0301305_16521335.jpg

KIDSのリクエストから定番化。
トルティーヤにケチャップとたっぷりチーズ。¥310


それから、一人でも食べられる、ワインにも合う大人ピッツァもメニューに登場予定です(^^)

お楽しみに〜♪♪
[PR]
by ritorno_2013 | 2014-08-02 16:15 | Comments(0)