<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

10/2で一周年。

なんです。



YORUからRITORNOに変わり
もう一年も経つなんて…



派手さはないものの
忙しなく余裕なく過ぎた一年間でした。



足りないところだらけでノロノロウロウロキョロキョロしている私を見捨てず
どーどーと慰めてくださりつつ
喝を入れてくださりつつ
急かすことなく
応援してくださり
ご指導してくださり…


RITORNOに変わったからこそ
出会えた方々も


みなさまのおかげで
一年間経った今
無事にここに立てています。



居てくれることの安心感
何より心強いものでした。



心より
ありがとうございます。



おかげさまで
ここ最近になって
やっっと
幸せが詰まったゆるい心地の良い空間のために必要な柱の芯を
一本ずつ立て始めることができるようになってきました。



まだまだ鉛筆の芯程の細ーいものですが

大切に大切に
少しずつ
太くしていきたいと思います。



長かった…

です。



でも
だからこそ
一周年を迎えることができて
とっても嬉しい!!!


ひとりでにやけてたらごめんなさい。



嬉しいがたくさんついでに
大好物のしゅわしゅわとワインをいっぱい買っちゃいました。



セラーに入りきらないので
2,3,4の3日間で
一緒に飲んでください。


勝手にお祝いムードで
勝手にノッチゃって
いつもよりお得になってます☆
f0301305_15412390.jpg


酒屋さんのおすすめはコレ。
f0301305_15412455.jpg



クッキーも焼きました。
f0301305_15412446.jpg

f0301305_15412585.jpg




ふらっと
寄り道乾杯
楽しみに待っちゃいます(^^)




YORUとは全く異なる1年間でした。

鉢からではなく
種からの不安まじりのじっくりゆっくりな成長。

腰を据えて楽しみます。


これからも
どうぞ
よろしくお願い致します。




RITORNO
4110037
静岡県三島市泉町14-16千照ビル1F
0559817557
日々の情報は🔎Facebook「RITORNO」

月火木金土)12:00-24:00
水)12:00-17:00
[PR]
by ritorno_2013 | 2014-09-26 17:36 | イベント。 | Comments(0)

f0301305_103148.jpg


さっぱりと食べられるレモンマフィンです。

ご賞味ください(^^)


RITORNO
4110037
静岡県三島市泉町14-16千照ビル1F
0559817557
日々の情報は🔎Facebook「RITORNO」

月火木金土)12:00-24:00
水)12:00-17:00
[PR]
by ritorno_2013 | 2014-09-26 10:01 | パティシエwaka's cake。 | Comments(0)

f0301305_09521.jpg

お待たせしましたーー!
入荷しました。
アールグレイのシフォン。
もっちもちです♡
ご賞味ください(^^)

お店のパンも隙あらば作ってまーす。
f0301305_095223.jpg

f0301305_095434.jpg

f0301305_09543.jpg

/20/05/|mid|400|300#]
[PR]
by ritorno_2013 | 2014-09-20 00:05 | Comments(0)

バールとは寄合所。

よく、「バールとは何か??」「カフェバールって、イタリアのカフェとバーの融合なの??」という質問をいただきます。
バールとは、「いつでも、誰でも、気軽に」がコンセプトの、カフェでもなくレストランでもない、気軽に利用できるイタリアの飲食店。
Wikipediaが分かり易い説明をしてくれているので、使わせてもらいます。

【バール (飲食店)】

>イタリア編集

バールまたはバル(bar)は、イタリア、スペインなどの南ヨーロッパで軽食喫茶店、酒場のことを指す。

バール(bar)は軽食喫茶店を指す。食事にも重点をおいたリストランテ・バールから、コーヒー中心のカフェ・バール、 アイスクリーム中心のジェラテリア・バールなど様々なものがある。イタリアで単に「カフェ」というと、店ではなくコーヒーそのもの、一般的には「エスプレッソ」を指す。

基本的にカウンターで立ち飲みするスタイルの喫茶店であり、バリスタがエスプレッソやカプチーノなどを作って提供する。朝食代わりにしたり仕事帰りなどに気軽に立ち寄って一杯飲んでいく。軽食(パニーノ)や夏場ならジェラートなどが用意されている店も多い。さらに公衆電話やトイレを備えるため休憩所にも利用される。

路線バス、市内電車、地下鉄の切符などを扱う所もある。さらにはトトカルチョなどのくじや煙草を売るタバッキや、他の商店を兼ねている店も多い。

語源は英語のバー(Bar)に由来するが、バーの様に酒類を飲むのが主ではなくコーヒー類を飲んだり、地域の情報交換場所として使用されている。そのため英語や日本語で用いられるバーと同種の店舗だと考えるのは誤解となる。もちろん酒類も置いてあるので注文可能である。古くは男性のみが集まる場所であったが、女性の社会進出に伴い女性単独での利用も当たり前となった。

テーブル席には別メニューの高い料金をとる場合が多く、カウンターに比べてあまり利用されない。

日本には1999年頃からイタリア系資本のセガフレード・ザネッティがバールのチェーン展開を行っている。

イタリア語版ウィキペディアでは、日本語版の井戸端、またカフェに相当する意見交換場所がバールと名付けられている。

>スペイン編集

バル(bar)は、喫茶店と居酒屋と食堂が一緒になったような飲食店を指す。朝はコーヒーを、昼には食事とビール・ワインを提供し、夜はタパスやピンチョスといった小皿料理と酒を提供する店が多い。

日本においても、タパスやピンチョスとビール、ワインを供する「スペインバル」を名乗る店がある。

f0301305_14285461.jpg

f0301305_14285487.jpg

f0301305_14285595.jpg

f0301305_1428563.jpg

[PR]
by ritorno_2013 | 2014-09-18 14:27 | Comments(0)

APERITIVOな習慣。

APERITIVO(アペリティーヴォ)
【夕方ちょっと一杯の楽しい習慣】

イタリアではアペリティーヴォの時間に、会社帰りの人やこれから食事に出掛ける人がバールに寄って、スプマンテやワイン・カクテルと共に軽食や前菜をつまみながら気の合う仲間とおしゃべりに花を咲かせます。

夕方のバールには一日の終わりのリラックスした雰囲気が漂います。

この習慣をRITORNOでも!
毎日17:00-19:00
アルコール一杯にお惣菜小鉢一品つきます(^^)


f0301305_1221643.jpg

f0301305_1221889.jpg

f0301305_1221858.jpg

f0301305_122194.jpg

f0301305_1222056.jpg

f0301305_1222043.jpg

f0301305_1222126.jpg

f0301305_1222139.jpg

f0301305_1222228.jpg

f0301305_1222323.jpg

f0301305_1222348.jpg

f0301305_1222451.jpg

f0301305_1222450.jpg

f0301305_1222565.jpg

f0301305_1222520.jpg

f0301305_1222692.jpg

f0301305_1222768.jpg

f0301305_1222935.jpg

f0301305_1223296.jpg

f0301305_1223360.jpg

f0301305_1223456.jpg

f0301305_1224989.jpg

f0301305_1225084.jpg

f0301305_1225112.jpg

f0301305_1225168.jpg

f0301305_1225226.jpg

f0301305_122532.jpg

f0301305_1225360.jpg

f0301305_1225424.jpg

f0301305_1225467.jpg

f0301305_1225621.jpg

f0301305_1225779.jpg

f0301305_1225759.jpg

f0301305_1225881.jpg

f0301305_1225996.jpg

f0301305_122591.jpg

f0301305_123065.jpg

f0301305_123831.jpg

f0301305_123957.jpg

f0301305_1231058.jpg

f0301305_1231091.jpg

[PR]
by ritorno_2013 | 2014-09-15 12:00 | ちょっと知っておいて欲しい話。 | Comments(0)